マッチングアプリや出会い系サイトで業者を排除して素人の女の子と100%出会う方法

本ページでは特別企画として、「マッチングアプリや出会い系サイトで業者を排除して素人の女の子と100%出会う方法」をお伝えします。
マッチングアプリや出会い系サイトで百戦錬磨の当サイト管理人がお伝えする、正直、何万円もの値段で有料販売できるほどのノウハウです(^^)/
あわせて、DTIサービス社に加盟する信頼のおけるマッチングサイトもお伝えしますので、ぜひ最後までお読みください。

まず、マッチングアプリや出会い系サイトにおける「業者」とは一体何なのかということを説明したいと思います。
「あれ、サクラとは違うの?」と思った方もいるかと思いますが、「サクラ」と「業者」は明確に違います。

・「サクラ」…マッチングアプリや出会い系サイトの運営者自身、もしくはそこに雇われた人が会員(特に男性会員)に有料ポイントを使わせるために、女性のふりをしてメッセージのやり取りをするもの
・「業者」…マッチングアプリや出会い系サイトの運営者とは無関係。マッチングアプリや出会い系サイトを利用して、会員(特に男性会員)に女性を派遣し、利益をあげようとするもの

詳しく説明していきます。
まず、そもそも、最近のマッチングアプリや出会い系サイトにサクラはまずいませんので、実はたいした問題にはなりません。(しかし、残念ながら業者はいます)。サクラがいたのは、出会い系サイトが世の中に出始めた初期のころの話です。マッチングアプリや出会い系サイトを利用されたことがある方ならご存じの通り、男性は有料・女性は無料という場合が圧倒的に多く、これは今も昔も変わりません。

男性はポイント制で有料ですから、サイト運営者側としては、いかにたくさんのポイントを男性会員に使わせるかが重要だったのです。そこで、サイト運営者(もしくはサイトに雇われた人)が、女性のふりをして男性会員とメッセージのやり取りをしていました。「かわいい女性とメッセージのやりとりをしていると思っていたら、携帯やパソコン画面の向こうでは、汚いおやじが鼻をほじりながら自分にメッセージを送っていた……」なんてことが普通にあったわけです。( ゚Д゚)

そして、このサクラがまたうまいんですね。実際に会おうという段取りになると、何かと理由をつけて会えなくなる。会えないならもうやめようかなと思うと、思わせぶりなメッセージやエッチな画像を送ってきたりして、もう少しやり取りしてみようかなという気になってしまう。これに私は何度かだまされました。

管理人はキャバクラやガールズバーにも詳しいのですが、それと共通する点があります。夜のお店において、若くてかわいい子というのはスタートラインではめちゃくちゃ有利です。20歳でかわいい子であれば、存在そのものがプレミアムです。しかし、面白いもので、若くてかわいい子が一番売れるかというと、必ずしもそうではありません。一番売れるのは、「トーク技術があり、もう少しで手に入るか入らないかというところで、男性の心を揺さぶることができる女性」なのです。

男性を立てるトークがうまかったり、新聞を毎日読んでさまざまな業界の情報を仕入れたり、営業時間外にまめに男性と連絡を取って恋人気分を味合わせたり……そんな女性が売れるのです。少しぐらい年齢が高くても、そこまでかわいくなくても、努力によって売り上げトップになる女性がよくいるのです。「若い子と話しても、娘と話しているみたいで楽しくない」という男性も多く、世の中、分からないものだなと思ったものです。

実は、このキャバクラやガールズバーの話は、無意味にしているのではありません。

出会い系の世界はネットの世界ですから、客にドタキャンされたり、突然連絡が取れなくなったりということは日常茶飯事です。そこで、客に確実に現地に来てもらうために、最近の業者は手口が巧妙になっています。客と実際に会うまで(せいぜい1日、2日の間ではありますが)、メールやラインで何度もやりとりをし、客に好意を見せて、恋人気分を味合わせます。そのあたりが、キャバクラやガールズバーと似ているのです。キャバクラやガールズバーでしたら、トーク技術ですが、出会い系の業者でしたらメールやラインの技術となります。

常識的に考えてみてください。ほんの少し前にサイト上で知り合ったばかりで、顔も知らない男性に好意を抱く女性はいません。ですから、「過剰なまでの好意を見せる女性は業者(そもそも、メールやラインは、女性ではなく業者のスタッフが送っている)」と考えて間違いありません。女性と出会うまでのメールやラインについては、あとで詳しく説明します。

さて、出会い系サイトのサクラに話を戻します。
サクラは、インターネットの普及ととも出会い系サイトが増えるにしたがって、次第に淘汰されていきました。サクラが淘汰されたというよりは、サクラが多いサイトは悪い評判が立ってつぶれていったというのが正確な表現です。サクラが問題になっていたのは2005年、2006年ぐらいまでのことかと思います。そして、現在では健全な運営を行っているサイトが生き残っています。

2021年現在、サクラはいなくなりましたが、業者は今でもマッチングアプリや出会い系サイトに入りこんでいます。もちろん、サイト側でも身分証明書の提出を求めるなど、業者を排除すべく知恵をしぼっています。ですから、優良なサイトほど業者は少ないのですが、どうしても業者が入りこんでしまうことがあるのです。

業者で一番多いのは、「店舗を持たないデリヘル」です。素人の女の子と会えると思ったら、実はデリヘルの女の子だったというパターンが一番多いです。通常のデリヘルは、女の子をお店に待機させておき、客から電話が入ったら女の子を派遣します。「店舗を持たないデリヘル」というのは、お店(女の子の待機所)を持たず、カフェや自宅で待機している女の子を派遣するのです。店舗を持たない分、参入がしやすいわけです。

他のパターンとして、レンタル彼女・レンタル彼氏を派遣する業者だったということもありますが、やはり一番多いのは、「店舗を持たないデリヘル」です。

業者の場合、メッセージのやり取りは、業者の男性が行っている場合がほとんどです。実際にやってくる女の子は派遣されてくるだけですから、会ってみて話すと、まったく会話がかみ合わず、そこで業者だと分かるのです。事前に業者と女の子で話を合わせればいいのですが、業者は基本的にそんなことはしません。なぜなら、話を合わせることに意味がないからです。

「話を合わせることに意味がない」…実はこれが業者を見破る最大のポイントになります。のちほど詳しく話しますので、この言葉をしっかり頭に入れて読み進めてください。

かく言う私も、恥ずかしながら、実は業者にだまされたことがあります。でも、このページを読んでいる方は、決してだまされることはありません。そのためのノウハウですから。(^^)/

では、いよいよ業者を見分ける方法を具体的に説明していきます。

1あまりにも好意的すぎる書き込みを無視せよ!

以下は、あるマッチングアプリの掲示板から、明らかに業者だと思われる書き込みを抜粋したものです。

「あなたにたくさんご奉仕したい。AV女優志望の20歳です」…見ず知らずの人にご奉仕する女性はいません。業者だからお金をもらってご奉仕するのです。それにAV女優志望とか訳が分かりません。AV女優になりたければ別のルートがあるはずです。

「パイズリ、フェラがお好きな方。五反田駅です」…バレバレすぎますね。五反田を拠点とする業者です。

「服を着ていないので私の家まで来てください」…知らない男性をいきなり家に入れる女性はいません。普通の女性なら恐怖を感じるはずです。これは、デリヘルとは逆のパターンで、男性側が女性の家(マンションなどの一室を利用した店舗)に来させられるパターンです。業者です。

「东村山で会いたいのですよ」…中国人がやっている業者です。中国語の簡体字をご存じの方でしたら、すぐに分かるかと思いますが、东=東です。日本語の漢字と中国語の漢字の違いを知らずに書き込んでいます。そもそも、日本語が少しおかしいです。東村山の店舗に男性が来させられるということです。

「業者じゃないよ! 新宿で会いましょう」…業者にだまされた経験のある男性を逆手に取ろうという戦術です。業者だからこそ、「業者じゃないよ」と言うのです。そもそも、素人の女の子は、出会い系サイトに業者がもぐりこんでいることを知りません。

以上のように、過度に好意的な内容や性行為をダイレクトに指す内容の書き込みは、まず業者だと考えて間違いありません。このような書き込みを無視していくことが第一段階となります。

2メールやラインでのやり取りを提案されたら業者だ!

第二段階に入ります。

「この女の子は書き込みが素人っぽいので業者じゃなさそうだ」と思ってメッセージのやり取りを進めていても、まだ業者がひそんでいることがあります。業者としては巧妙でなかなかうまい部類ですね(*’▽’)

そこで、さきほど少しお話しした、女の子と実際に出会うまでのメールやラインによるやりとりの話に入ります。

最近では女性(業者)側からメールやラインでのやりとりを持ちかけてくるパターンが多いです。出会い系サイト内でのやりとりに男性側はお金がかかることは業者も知っています。ですから、親切な女性のふりをして、メールやラインでのやりとりを提案してくるのです。

※ここで気づいていただきたいのは、サイト内のやりとりにこだわらないということは、やはり相手はサクラではないのです。サクラの説明を思い出してみてください。サクラとは、「マッチングアプリや出会い系サイトの運営者自身、もしくはそこに雇われた人が会員(特に男性会員)に有料ポイントを使わせるために、女性のふりをしてメッセージのやり取りをするもの」でした。サイトの関係者ではないからこそ、男性にポイントを使わせることに意味はないのです。

男性からしたら、ポイントは節約できるし、女の子の連絡先はゲットできるしで、一石二鳥に思う場合が多いでしょう。しかし、ここに罠があるのです。「なるべくポイントを節約したい」、「できればサイト外のメールやラインで女性と直接やり取りしたい。そのほうが親密になれそうだ」。そんな男性の心理を業者側は憎いほどに熟知しています。だからこそ、メールやラインでのやり取りを提案してくるのです。

冷静になって考えてみてください。女の子側からしたら、もともとマッチングアプリや出会い系サイトの機能として無料でメッセージが交換できるのです。それなのに、わざわざメールやラインで連絡を取る意味はないですよね。めんどくさいだけでメリットはゼロです。実際に男性と会ってから気が合えば、連絡先を交換するということはあるでしょうし、私もそのような経験は何度もあります。

また、たしかにサイト内のポイントはもったいないなと私も思いますので、会う前に女の子から連絡先を聞き出したこともあります。ラインは本名にしているから教えるのは抵抗があるけれど、メールぐらいならと、けっこう簡単にメアドを教えてくれる子もいます。でも、これは男性よりも女性側の立場が弱い場合が考えられます。つまり、急ぎでお金を必要としているなど、何らかの事情を女性側が抱えている場合です。女性側からしたら、「よっぽど無理なことでなければ男性の要望を聞き入れなくてはならない」という状況なのです。メリットがゼロなのに行動を起こす人間はいません。

注意として、会う前にこちらから連絡先の交換を提案し、女の子がメールやラインを教えてくれた場合でも、たいした判断基準にはなりません。相手は「業者」ですから、営業用のメアドやラインアカウントをたくさん持っているからです。せいぜい、「業者ではない可能性が少し高くなった」といえる程度です。業者としては、「メアドやラインぐらい、いくらでも教えてやるよ」ぐらいの気持ちで教えてくるわけです。

しかし、やはり一番注意しなくてはならないのは、「女の子側から連絡先の交換を提案してきた場合」です。大事なことですので、もう一度言います。メリットがゼロなのに行動を起こす人間はいません。男性に会うことができれば、業者として儲かるという実益があるからこそ、連絡先の交換を提案してくるのです。ですから、「会う前に女性側から連絡先の交換を提案してきた場合は業者」なのです。それまで、どんなに話が盛り上がっていたとしても、問答無用で切るべきです。

巧妙な業者になると、「ラインは本名なので、実際に会うまでは教えたくないんだけど、メールやカカオならOKなので交換しませんか?」などと言ってくる場合もあります。これはうまいですよね。さきほど説明したように、業者ではない素人の女の子でも、実際に同じことを言う子が多いです。でも、女性側からの提案ですので、やはり業者なのです。ためらわずに切ってください。

※カカオを知らない方もいるかもしれないので、いちおう説明しておきます。カカオは正式には「カカオトーク」といいます。ラインと同じメッセージアプリです。気になる方は、「カカオトーク」で検索してみてください。ラインは仲のいい友達や仕事用、カカオは遊び用と使い分けている女の子も実際にけっこういます。ですから、「メールやカカオならOKなので交換しませんか?」というのは、うまいだましの手口だといえます。

ここまでの話をまとめます。

会う前にメールやラインを交換できたからといって、業者か素人の女の子なのかの判断基準にはならない。
①女性側から連絡先の交換を提案してきた場合…業者なので問答無用で切る
②こちらから連絡先の交換を提案して、女の子が教えてくれた場合…業者ではない可能性が少し高まったのでやり取りを続ける。でも、安心してはいけない

そして、ここまでお読みいただいた方は、もうお分かりかと思います。こちらからの提案で会う前に連絡先を交換できたとしても、【あまりにも好意的すぎるメールやラインは、間違いなく業者】なのです。「あなたのことが気になってたまらない」、「ドキドキしています」などという内容を送ってきた時点で、未練なく切るべきなのです。

3女の子の顔写真を攻略せよ!(顔写真が掲載されていない場合)

最近では、たいていの女の子(もちろん業者も含む)がサイト上に写真を掲載しています。しかし、写真の掲載は利用者に任されているサイトも多く、顔写真を掲載していない女の子(もちろん業者も含む)もいます。しかし、業者の場合は、男性の目をひくために、かわいい女性の写真を掲載している場合が多いです。これは、みなさん簡単に想像のつくところだと思います。

では、ここでは、顔写真を掲載していない女の子を攻略していきます。

女の子が顔写真を掲載していない場合、「実際に会うまでに顔写真を送ってもらうことが絶対に必要」です。

なぜ顔写真を掲載していない女の子がいるのでしょうか? 「かわいい子だが身バレが怖いから」という場合もたまにありますが、一番多い理由は、「ブスだから」、「顔写真を掲載したら男性が集まらないから」です。

だからこそ、会う前に顔写真を送ってもらうことが絶対に必要なのです。顔写真を見て、ラッキーにもかわいい子(「かわいい子だが身バレが怖いから」のパターン)や、そこまでかわいくなくても自分の好みの顔をしている子であれば、実際に会えばいいでしょう。逆に、やはりブスだった場合や、生理的に無理な顔をしている場合は、問答無用で切ればいいのです。

あと、何回かこちらから顔写真を要求しても、女の子が絶対に送ってくれないこともありますが、その場合も問答無用で切るべきです。これは、「ブスすぎてどうしても顔写真が送れない」、もしくは、「女の子の顔写真すら用意していないマヌケな業者」のパターンのどちらかです。

ブス専の人や、業者に引っかかってもいいのでどうしても女の子に会いたいという人もいるかもしれません。でも、このノウハウをここまで読んでくれた方は、かわいい子に会いたいと思っているでしょうし、たいていの男性はそうでしょう。ですから、女の子が絶対に顔写真を送ってくれないパターンも、問答無用で切るパターンに分類されます。

4女の子の顔写真を攻略せよ!(顔写真が掲載されている場合)

次に、女の子が顔写真を掲載しているパターンを攻略します。

顔写真が掲載されている場合は、自分の好みの女の子を選んでください。しかし、ここまでにお話ししたように、「あまりにも好意的な書き込みは無視する」、「女性側から連絡先の交換を提案されたら、問答無用で切る」という点は守らなくてはなりません。

「それは分かったけど、業者って本人とは別のかわいい子の写真を掲載してだまそうとしているんじゃないの? 実際に自分はだまされたことがあるし……」と思う人もいるかもしれません。実は、そのとおりです(笑)。業者は偽物の女の子の写真を使っている場合が多いです。でも、大丈夫です。Point5ですぐにお話ししますが、そこまで見破ることができるノウハウです。

女の子の顔写真があらかじめ掲載されている場合で1つ注意しなくてはならないのは、「他の顔写真を要求してはいけない」という点です。

他の顔写真を要求すると、めんどくさい奴だと思われて、女の子側から連絡を絶たれる可能性があります。「本当にこんなにかわいい子なのか気になる。自分はだまされているのではないか」、「こんなにかわいい子なのは加工アプリを使っているからだろう。すっぴんを見てみたい」などと考える気持ちも分かります。ただ、ここはぐっと我慢してください。かわいい素人の子に出会えるもう少しのところまで来ています。チャンスを自らつぶす必要はありません。

あと、最近では女の子が加工アプリを使っている場合が多いですが、これは致し方ないことだと考えています。「かわいく見せていい男性と会いたい」と思うのは女性の普通の心理ですし、そもそも他人の顔写真を悪用しているわけでもないからです。

余談として、明らかに自撮りではないと分かる写真を使っている女の子もいますが、これは業者かどうかを見破る判断基準にはなりません。プリクラの写真や、友達に撮ってもらった写真を使っている子も実際に多いです。

5「こっちから声かけるから、服装を教えて」…これが最大のポイントだ!

さて、ここまでお話ししたいくつかのチェックポイントをクリアできたら、実際に女の子と会う日時の相談に入ります。

そして、ここからがこのノウハウの最大のポイントです。

「こっちから声かけるから、服装を教えて」

とにかく、これを絶対に女性側に提案してください。待ち合わせ場所で、こちらから声をかけること。これを了承してくれない場合は業者なのです。いくら顔写真がかわいくても、いくらそれまでのやり取りでいい子だと思っても、会いたい気持ちがふくれあがっておさえられなくても、とにかく問答無用で切ってください。

業者の場合、「待ち合わせ場所でこちらから声をかけます」という提案を極度に嫌がります。

「知らない人に声をかけられるなんて怖すぎる」、「服装を教えてと言われても、なかなか服装が決まらないかもしれない」、「友達が男性に服装を教えたら、大勢の男の人に囲まれたことがあった」などと、訳の分からない言い訳のオンパレードをしてきます。そもそも、マッチングアプリや出会い系サイトで初めて会うときは、当然にお互い初対面なのですから、「知らない人に声をかけられるなんて怖すぎる」などという言い訳は通用しません。

では、業者はなぜ「待ち合わせ場所でこちらから声をかけます」という提案を嫌がるのでしょうか?

これは極めて大事なことなので、よく考えてみてください。本当にじっくりと考えるだけの価値があることです。ヒントを言いますと、「実際は、こちら(男性側)から女性側に声をかけることができないから」です。

もうお分かりですか?

私は恥ずかしながら業者にだまされるという経験をして、そのからくりが分かりました。でも、このノウハウをお読みの方は、決して私と同じ目にあってはいけません。

業者は、「かわいい顔写真で釣って、別の女性を派遣する」のです。つまり、男性は顔写真を目当てに女性を探しますので、「こちら(男性側)から女性側に声をかけるということが、そもそもできない」のです。

これが、「待ち合わせ場所でこちらから声をかけます」という提案を業者が極度に嫌がる理由です。

ですから、こちらからの声がけを断られた時点で、問答無用で切ります。

もう待ち合わせ場所に向かう電車に乗っていても、すでに待ち合わせ場所に自分が到着していても、容赦なく切らなくてはなりません。気を取りなおして、カフェにでも入って、スマホで別の女の子を探せばいいのです。

逆に、女性から自分に声をかけさせることに了承してしまうと、十中八九、別のかわいくない女の子が来ます。最悪の場合、業者の男が現れる場合もあります。自分の経営する店に、カモとなった男を連れていくためです。

かわいくない女の子が現れた場合でも、業者の男が現れた場合でも、人間の心理として、目の前で声をかけられてそこからダッシュで逃げるなどということはなかなかできません。だまされたことが分かっても、そのままついて行ってしまうことが多いでしょう。ですから、「待ち合わせ場所でこちらから声をかけます」という提案を断られた時点で、問答無用で切るべきなのです。

そもそも、業者っぽいなと思ったら、余計なポイント消費を避けるために、メッセージのやり取りのスタートの段階で、「会う場合はこちらから声をかけることに了承できるか?」を確認してもいいくらいです。ただし、これには素人のかわいい女の子を逃してしまう可能性が多少ありますので、注意が必要です。スタートの段階から、「会う場合は、こっちから声をかけることが絶対条件だから」などというメッセージを送ると、「え? 何この人?」と思ってしまうのが、普通の女性の心理です。

さて、ここで、このノウハウのはじめのほうで説明した内容を思い出してください。以下のようなことをお話ししました。

「業者の場合、メッセージのやり取りは男性が行っている。実際にやってくる女の子は派遣されてくるだけである。だから、会ってみて話すと、まったく会話がかみ合わず、そこで業者だと分かる。事前に業者と女の子で話を合わせればいいのだが、業者は基本的にそんなことはしない。なぜなら、話を合わせることに意味がないからだ」

「話を合わせることに意味がない」

この理由が分かりましたか? 業者としては、待ち合わせ場所で会うまでが勝負。会ってしまえば勝ちなのです。客としてはそこからなかなか逃げられないからです。

そして、Point4でお話しした、「業者が偽物のかわいい女の子の顔写真を使っている場合」も、「こちらから女性に声をかける」と提案することによってリスクを回避できます。業者が偽物の顔写真を使っている場合は、こちらからの声がけを断ってきます。万が一、「こちらからの声がけは了承させたが、写真とは別人のかわいくない女性が立っていた」という場合は、そのまま声をかけずに立ち去って、連絡を絶てばよいのです。だましたのは向こう側なのですから、ためらう必要はありません。

予備知識として、「こちらからの声がけは了承させたが、写真とは別人のかわいくない女性が立っていた」という場合に備えて、待ち合わせ場所は、大きな駅前など、人の多いところをおすすめします。人の少ないところだと、だまされたことが分かっても立ち去りづらいです。逆に人が多い場所であれば、人ごみにまぎれて姿を消してしまうことができます。

最後に、DTIサービス社に加盟する信頼のおけるマッチングサイトを3つみなさんにお伝えします。DTIサービス社は、老舗のASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)であり、DTIサービス社に加盟しているサイトは、どれも健全な運営を行っているサイトばかりです。加盟サイトとしては、カリビアンコムが一番有名なのではないでしょうか。(参考…『DTIサービス社加盟サイト一覧』 当サイトの別ページが開きます)

ここまでお読みいただいた方は、マッチングアプリや出会い系サイトで無敵なはずです。ぜひ本物の出会いを満喫してください。

交際倶楽部 シークレットラブ
一番おすすめするサイト。とにかく女性の質が高く、幅広い年齢層のかわいい子や美人が多い。悪質な会員や業者は強制退会させられるため、安心して利用できる。無料会員登録だけでもしておくとよい。

キャッチミートーク
10代から20代の若い子が多く登録している。クオリティの高い女性を集めるために、写真付き身分証明書の提示を女性に求めている。若い子に特化したいならキャッチミートークがおすすめ。もちろん、会員登録は無料。

モンロー
30代以上の女性が多く登録しており、大人の出会いを楽しむことができる。若い子では物足りないという方におすすめ。ポイントがプレゼントされるモンロースロットなど、楽しめる企画が多い。もちろん、こちらも会員登録は無料。

『シークレットラブ』、『キャッチミートーク』、『モンロー』の3サイトのくわしい比較はこちら!

最近の記事

ロリに特化した無修正動画サイト…「とにかくロリが見たい!」(姉妹サイトです)

無修正動画を女の子(AV女優)ごとに紹介…「無修正 女の子のお部屋」(姉妹サイトです)


PAGE TOP

NOZOX盗撮画像集

NOZOXオナニー盗撮画像集(2)

NOZOX盗撮日記

2021年3月2日 このみの盗撮日記

NOZOX盗撮画像集

NOZOXオナニー盗撮画像集(1)

NOZOX盗撮画像集

NOZOXオナニー盗撮画像集(3)

NOZOX盗撮日記

2021年2月28日 このみの盗撮日記

NOZOX盗撮日記

2021年2月24日 ありさの盗撮日記

NOZOX盗撮日記

2021年3月3日 ほのかの盗撮日記

NOZOX盗撮日記

2021年2月27日 このみの盗撮日記

NOZOX盗撮日記

2021年3月2日 ひかりの盗撮日記